現在の位置

市長からのメッセージ

   世界とつながる交流拠点、鎌ケ谷へ

清水市長

 鎌ケ谷市は、千葉県の北西部に位置し、東京都心から25km圏内と通勤・通学に便利なことから急速に人口が増加し、平成8年に10万人を突破しました。平成22年には成田スカイアクセス線が開業し、市内には東武野田線、新京成電鉄、北総鉄道と合わせて4つの鉄道路線が乗り入れ、県北西部の交流拠点として日々発展を続けている活気あふれる“まち”です。

 面積が約21平方kmのコンパクトな市域には8つの駅があり、市内各所から東京都心・県内主要都市へのアクセスに大変恵まれています。また、道路インフラについても、首都圏北部と千葉ニュータウンや成田空港を結ぶ北千葉道路が市北部を横断しています。

新鎌ヶ谷地区の風景

 未整備区間のあるこの北千葉道路に関しては、私が「北千葉道路建設促進期成同盟」の会長として、国や県に地域の声を届け、計画の早期実現に向けて全力で取り組んでおります。

 また、鎌ケ谷市は、地盤が強固な北総台地の上に位置しており、都心に近い東葛飾・京葉地域の中でも比較的ゆれにくいまちとなっています。“ゆれにくいまち鎌ケ谷”は、地震の際の事業継続に大きな安心を提供します。

 市では、平成25年5月に「鎌ケ谷市企業誘致基本計画」を策定しました。今後、この計画に沿って、立地する企業の皆さまを多方面から支援させていただきます。活気、便利、安心 ―。さまざまな地の利に恵まれた鎌ケ谷市は多くの可能性を秘めています。多彩な企業が市内に立地し、企業と“まち”がともに未来に向って成長していくことを期待しております。

鎌ケ谷市長 清 水 聖 士   

鎌ヶ谷市に立地する3つのメリット

「ゆれにくいまち 鎌ケ谷」-災害の不安が少ない都市!

東京都心、成田と羽田の両空港へダイレクトにアクセス!

東京都心はもちろんのこと、周辺市と比較しても“圧倒的” に安い地価!